肌のたるみって美顔器で消せるの?

 

 

肌がたるんでくると見た目年齢がぐっと上がってしまいますので、肌のたるみはかなり深刻でよね。肌のたるみのせいで実年齢より老けて見られてしまっている方も多いのではないでしょうか?

 

ここでは、お肌のたるみの原因と美顔器がたるみに効果的な理由をご紹介します。

 

たるみの原因

表情筋の衰え

 

身体の筋肉は骨と骨をつないでいるのですが、顔の筋肉は骨と皮膚がつながっています。皮膚に直接筋肉がくっついているので、顔の筋肉(表情筋)が衰えてしまうと重力に負けて肌がたるんでしまいます。

 

 

紫外線

 

紫外線は肌の表面だけではなく深いところまで届いて、肌のハリや弾力を生むコラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作っている「繊維芽細胞」という細胞を破壊します。

 

繊維芽細胞が紫外線によってダメージを受けてしまうと、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸を作れなくなってしまいますし、反対にそれらを分解する酵素が多く分泌されてしまうので、ハリや弾力が失われて肌がたるむ原因になります。

 

 

加齢

 

年齢とともに表情筋も衰えますし、肌の土台であるコラーゲンやエラスチンの代謝も落ちてきます。40代のコラーゲンの新陳代謝は20歳の時と比べると半分以下になるといわれています。

 

コラーゲンの代謝が落ちると、生産量も減ってしまいますし、古いコラーゲンがいつまでも残ってしまうことで、肌に柔軟性がなくなって乾燥しやすくなりますので、たるみやシワの原因になります。

 

 

生活習慣の乱れ

 

繊維芽細胞がコラーゲンを作るためには、アミノ酸(たんぱく質)やビタミン、ミネラルなど様々な栄養素が必要です。乱れた食生活でコラーゲンを作る栄養素が不足するとコラーゲンの代謝が落ちてたるみの原因になります。

 

また、コラーゲンやエラスチンは寝ている間に作られます。睡眠不足が続いたり不規則な生活をしていると肌を作るサイクル(ターンオーバー)が乱れていろいろな肌トラブルがおきてしまいます。

 

 

乾燥

 

肌の表面が乾燥していると、肌の土台のコラーゲンやエラスチンも水分を保つことが出来なくなってしまいます。まだターンオーバーが乱れる原因にもなり、たるみやシワの原因になります。

 

 

たるみを放っておくと・・・

 

肌のトラブル全般に言えることですが、一度出来てしまうと消すのは難しくなってしまいます。加齢によるコラーゲンの減少や表情筋の衰えはしかたないですが、日頃から気をつけてケアをしている人と、していない人とでは5年後、10年後の肌に大きな差が出来てしまいます。

 

たるみを放っておくと「ほうれい線」や「ゴルゴ線」「マリオネットライン」などの老けて見られてしまう大きな原因になってしまいます。一度シワの溝が出来てしまうと、クリニックなどに行かないと中々消すことが難しくなってしまいますので、早めの予防ケアが大切です。

 

そこで効果的なのが美顔器によるスペシャルケアです。

 

 

美顔器でたるみが解消される理由

 

美顔器を使うことで、たるみの大きな原因の一つの表情筋の衰えを解消することが出来ます。間違った方法での表情筋トレーニングは、ほうれい線やシワを深くしてしまう可能性もありますが、美顔器でのケアはリスクなく効果的に表情筋を刺激してリフトアップしてくれます。

 

表情筋が鍛えられることで、肌が重力に負けることなくハリが出ますし、血流やリンパの流れも良くなりますのでたるみやシミ、シワ、くすみの予防・改善にもなります。

 

 

また、イオン導入機能が付いている美顔器を使うことで、年齢とともに不足してくる美容成分を肌の奥まで浸透させることが出来ます。手で普通にぬるよりも30~50倍肌の奥まで浸透させることが出来るといわれています。

 

加齢や紫外線、生活習慣の乱れ、乾燥などによって減少したコラーゲンの減少を直接肌から美容成分を浸透させることで解消することが出来ます。肌に必要な美容成分を肌の奥まで浸透させることで、乾燥を防ぎコラーゲンの生成を促してハリのある肌に導きますので、たるみ改善に即効性が期待できます。

 

 

たるみやほうれい線が消える美顔器ランキング