30代でほうれい線がない人の特徴!

 

 

年齢は同じくらいなのにあの人にはほうれい線がない・・・どうして・・・?と思ったことはないですか?

 

ほうれい線は遺伝的な要素もありますが、対策をしている人としていない人では、30代以降大きな差が出来てしまいます。

 

今回は30代以降でもほうれい線がない人の特徴をご紹介します。

 

 

ほうれい線がない人の3つの特徴

表情が豊か

 

30代以降は、お肌の土台であるコラーゲンやエラスチンが減少してしまいますし、表情筋も衰えてきます。

 

コラーゲンが減少してしまうと皮膚の表面を支えることが出来なくなって、たるみやシワの原因になりますし、表情筋が衰えることで重力に勝てなくなってしまい、血行も悪くなりますので、たるみやシワの原因になります。

 

日常的に良く笑っていて表情豊かな人は、表情筋が鍛えられていますので、血行が良くなり新陳代謝がアップします。結果的にコラーゲンの生成を助け、たるみを防いでお肌にハリを保てるので、シワやほうれい線の予防改善が出来ます。

 

デスクワークなどで日頃あまり表情筋を動かすことがない人は表情筋トレーニングをしましょう。今後のお肌の状態がかなり変わってきますよ。

 

ほうれい線を目立たなくする5つの対処法

 

 

紫外線対策をしっかりとしている

 

お肌の老化の原因の9割は紫外線と言われているくらい強力です。紫外線はお肌の奥まで浸透して、お肌の若さを保つのに重要なコラーゲンやエラスチン生成の元となる細胞を傷つけ破壊してしまいます。

 

さらに紫外線は一度浴びてしまうと受けたダメージを取り消すことが出来ず、蓄積されてしまいます。何年も前に浴びた紫外線のダメージがシミやシワになって突然現れたりします。

 

年齢を重ねてもお肌に張りがありシワやたるみがなくほうれい線がない人は、若い頃からしっかりと紫外線対策をしています。

 

日焼け止めやUV効果のあるファンデーションなどを使用してしっかりとUVケアをしましょう。

 

 

保湿をしっかりしている

 

お肌の潤いは20歳くらいをピークにだんだんと減ってしまいます。30代でもほうれい線がない人は正しい方法で洗顔や保湿をしっかりしている方が多いです。

 

お肌が乾燥するとシワやたるみの原因になり、ほうれい線を深くしてしまいますので、洗顔後は化粧水だけではなく乳液や美容液で水分の蒸発を防ぎましょう。

 

 

今すぐにでもほうれい線を消したいだけど・・・

 

表情筋トレーニングや紫外線対策、保湿が大切なのは分かっているけど、忙しいしちょっと面倒・・・という方には家庭用美顔器を使ってほうれい線のケアをするのがおすすめです。

 

お金がかかってしまうというデメリットはありますが、ほうれい線に効果的な美顔器でのケアは即効性があります。エステに通うよりはかなり安いですし、ほうれい線は一度出来てしまうと消すのが難しくなってしまいますので、早めのケアをおすすめしますよ。

 

ほうれい線が消える美顔器ランキング